社会人7年目の文系エンジニアの経歴を書いてみようと思う

日記・コラム

経歴を書いてみようと思います。

情報系の大学を出た後、エンジニアとして社会人デビュー。

大学時代はプログラミングを好きでやっていたものの、社会人の研修時代にやったきりで、実際に現場でプログラミングをすることがほとんどありませんでした。

研修後の最初の仕事は、仕事ってこんなキツいのか!? と思うくらいよくわからないまま資料作成のお手伝いやらを色々やらされてた気がします。

もう、どうしてよいのかわからな過ぎてお昼ご飯を食べながら涙が出てきたのは今となっては良い思い出です。

ある程度仕事がこなせるようになった今思うのは、OJTで一緒だった先輩が割とダメダメな方だったなと思います。

当時としては、お世話になったのは間違いないんですけどね。とはいえ、その時の先輩よりもまだ下の年齢ですが、当時の先輩よりはだいぶマシな気がします。

今のスキルのまま昔に戻れたらどれだけ良かったことかと、たまに思います。いやぁ、大変でした。

その次の現場は、金融系で設計がメイン。

性能やら運用やら学生の頃には意識しなかったようなところに関われたかなと思います。

ただ、プログラミングを書くこともなく、ただテストをやっているだけでとってもつまらなかったので、次の配属をしたくて仕方なかったです。

2年目とかそのあたりの人間が言ってもただのわがままでしかないのは分かっていたので、きっちりお客さんに認められる結果出して、転職されると困るような人を目指して必死で頑張っていた気がします。今となっては転職してしまえばよかったのでは?とも思いますが。

あとは、ここはここでうまくいかないことあって泣いた気がします(笑)

その後は、プログラムかけるところの配属先に変更を願い出て叶ったものの、

その時お世話になったお客様先の仕事をみて、自社コンテンツに取り組むのも面白そう!となって結局転職しました。

今では事業側のエンジニアとしてお仕事中しております。

前職で出来なかったようなことをかなりやらせてもらっている感じなので、大変でも割と楽しくやれているなというのが現状でしょうか。

今何をやれているかはまた。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました