人に求めるという事。

広告
広告

人間関係

誰でも人間関係の悩みを抱えていると思います。
勿論私も何度も人間関係に悩みました。
学校の友達関係、仕事関係、恋人との関係、親子関係。
人間一人では生きられません。
生きている限り、人間関係に悩みます。
私にとって特に親子関係は一番の悩みになります。

親と子

子供の頃は親子関係に悩んだことはありませんでした。
それは子供だから親の言う事は絶対と思っていたから。
でも成長していく内に親の言う事に反発する事も増えていきます。
親子と言ってもやっぱり違う人間です。
性格も違えば生きてきた過程も違う、時代も違う。
考え方も違ってくるのは当たり前です。

最初の頃は親の言う事が納得できなくても私の方が間違っていると考えていました。
ある程度過ぎると自分の考えも正しい、でも親の言う事の方が正しいのかもと悩んでいくようになりました。
その次は私の方が正しい、なんで親は分かってくれないのかと思うようになりました。

今は違う考えになるのは仕方がないと納得できるようになりました。

広告

親が求める娘像と私が求める母親像

仕方がないと納得できるようになったのは最近です。
それまでは「どうして母親は私の言う事に納得してくれないのか」とか「どうしてそんなに自分の考えを押し付けてくるのか」と悩んでいました。

結局は母親も人間です。
母親の前に違う人間です。
私と考え方が違うのは当たり前です。

母親が私に”娘像”を描くのはしょうがないし、私が母親に”母親像”を描くのもしょうがない事です。
どっちも自分勝手に求めていると思います。

姉達は母親の求める”娘像”通りに結婚し子供を作りました。
私はいまだ結婚も子供も無しちなみに貯金も無しです。

私も母親なら私の事を100%わかってくれる。
100%信じてくれると求めていました。

そんなことはあり得ません。

例えば他人を100%理解できるか?
他人を100%信じられるか?
そんなことは無理です。
私には100%人を理解する事は出来ませんし、100%信じられません。

親だからとか娘だからとか甘えているだけでした。

なのでこれからは親だからと言って100%の理解とか信頼を求めるのは止める事にしました。
もしかしたら冷たい事なのかもしれませんが、勝手に人に対して求めて失望するよりは全然良い事だと思います。

親子関係でもそういう考え方をしようと思うので他人に対してはもっと人に対しても求めない様にするつもりです。

他人に自分の考え方を求めるから、勝手に落ち込んだり失望したりするのだと思います。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする