人と会話が出来ない。

広告
広告

怖くて人と会話が出来ない

私は怖くて人と会話が出来ません。
最初のあいさつ程度なら何とかなります。
普通に挨拶をしてちょっと世間話をするくらいなら何とか。
問題はその後です。
途端に何を話していいのかがわからなくなります。
頭の中は色々「こんな話題はどうだろうか」「これには興味あるかな」とか出ています。
でもそれを実際に言葉に出そうとすると何故か怖くなって言葉に出てきません。
そのまま沈黙が続いてしまいます。
あぁやっぱり私は人と会話の出来ないつまらない人間と落ち込んでしまいます。

また前日に会話で盛り上がる事が出来た人とも何故か次の日には怖くなって会話が出来なくなったりします。
前日に考えなくても会話が出来ていたのに、次の日には何を話していいのかがまたわからなくなり会話が出来なくなります。
これは自分でも不思議でしょうがないんですが、リセットされるような感じです。
勿論相手が何かをしたとかそういう事は一切なく私の方の問題です。
本当に相手に失礼です。

「怖い」の正体

自分で考えてみるとこの「怖い」というのは私が人から馬鹿にされるのが嫌いだからと思います。
何か変な話をして馬鹿にされたり、あきれられたりする事が嫌なんだと思います。
だから姉や友達とは怖がらずに話が出来ます。
相手を信用していない訳ではなく、姉や友達なら私がどんな性格でどんな風に考えるかを分かっているからです。
単なる見栄っ張りです。

広告

自分を変えていく

原因がわかればそれを変えていくだけです。
相手を信用するというか勝手に相手を「人を笑う人」と決めつけない。
もし自分の会話で笑われるような事があっても気にしない。
考え方はそうそう変わらないし、人と価値観が違うのは当たり前の事だから。
それに会話の後の事を考えるのは「考えすぎ」ということになるので考えすぎない

最近好きな言葉があります。

マザーテレサさんで

「思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい。それはいつかの運命になるから。」

毎日のちょっとした事の積み重ねで変わっていく事があると思います。

一気に物事を変えようとするのはすごく大変です。

なので毎日ちょっとずつ良い方に変わるように頑張りたいと思います。

気が付いたときにだいぶ自分が変わっているかも知れません。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする