ウォーキング

広告
広告

ウォーキング効果

ウォーキングは有酸素運動(体にある程度の負荷をかけて継続して行う運動)です。

①脂肪燃焼効果
有酸素運動のため脂肪を燃やす酸素を体に取り込み効果を発揮します。

②心肺機能などの向上
酸素を体に取り込み、運動により血流をよくし隅々まで酸素を送り機能を向上させます。

③ストレス発散
運動することにより気分を向上させます。

私の場合

今の仕事に就く前は大体週末に1時間位ウォーキングしていました。
今の仕事は検針員で一日中歩いているような状況なので週末は歩いていないです。
今の仕事についていなければまだ週末のウォーキングを続けていたと思います。

初めた理由は
①冷え取り
②運動不足の解消
③便秘解消
始めた時は無職の時だったので時間はあり毎日2時間くらいは歩いていました。
理由は上に書いた通りです。

①冷え取りはウォーキングをする事で下半身の血流を良くし冷え取りになると考えたからです。
実際歩くと事で体はポカポカになり、筋肉が増え冷え取り効果が出たと思います。

②は、やはり無職だとほとんど外出をせず、歩く事も少なく運動不足を感じました。
ウォーキングは特別な道具を必要とせず始めようと思えばいつでも始められます。

③これもウォーキングする事で腸に刺激を与えて便秘解消になると考えました。
実際ウォーキングする事で便秘解消に効果があったと思います。

広告

リラックス効果も大きいと思います。

リズムよく歩く事で気分が向上します。
また個人によるかもしれませんが程よい疲れで良く寝れるようになり、さらに食欲も増進し精神的にも安定します。
ウォーキングをする時にお気に入りの音楽を聴きながらするとより一層リラックス効果を得られます。
音楽を聴く時は音量に注意して交通事故の無い様にして下さい。
勿論交通ルールも守って安全に行ってください。

大事なのは無理せず長く続ける事だと思います。
無理せず長く続けることでより一層効果が出てきます。

長く続けることでどんどん筋肉量が増えていき長時間歩けるようにもなります。
腕を振るなど上半身の動きを付ける事で全身の筋肉もアップします。

筋肉量が増えれば代謝もアップし冷え取り・毒だし効果が上がっていきます。

くれぐれも最初は無理せず徐々に歩く時間・距離を伸ばしていきましょう。
無理して足が痛くなってしまったら元もこうも無いです。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする