半断食

広告
広告

半断食(半日断食)とは

半断食は18時間以上食事を摂らないことです。
例えば朝食を摂らない様にすると18時間以上食事を摂らないことになります。

効果

①便秘の解消
食べないことで胃が食べ物を要求し活動が活発になり腸も活発に動き宿便が排出されます。
それに伴い腸内環境も整います。

②腸を休ませることで他の内臓にエネルギーが使われる。
食べ物を消化することにもエネルギーは使われます。
食べないことで胃腸を休ませ、その使われるはずのエネルギーを他の内臓で使われます。

③ダイエット効果
勿論1食抜くのその事自体でダイエット効果があります。
便秘を解消することによるダイエット効果もあります。

私の場合

私のやり方は休日にだけ朝食をヨーグルトに変えています。
本当は断食中は水分のみが望ましいですが、私自身意志が弱いのでヨーグルトを食べています。
また野菜ジュースを朝食代わりにする方法もあります。
大事なのは無理をしない事。
無理をして行うと反動で食べすぎしまい却って胃腸に負担を掛けてしまいます。
自己嫌悪に陥ってストレスになっても逆効果です。

広告

注意点

①18時間以上食事をしない
抜く前後の食事も軽め(腹8分目くらい)した方が良いです。
断食後は特に胃腸が敏感になっているため軽めの方が負担にならなくて良いです。

②水分を摂る
水分を摂ることでデトックス効果が増します。
また水分を摂ることで脱水症状を防ぎます。

③過度な運動をしない
食べ物を摂取していないのでいつもよりエネルギー不足になり過度の運動は体の負担になります。
(私も一度ウォーキングをしただけで具合が悪くなった事があります。)

④具合が悪くなったらすぐに中止する

現代は食料が豊富にあり、いつでも食べる事が出来ます。
生活習慣病などは不摂生な生活や食べすぎなどが原因になります。
昔に比べほとんどの人が消費するエネルギーより摂取するエネルギーが多く肥満などになりやすい状況だと思います。
半断食をすることによりその状況を変えられると思います。

最初はおなかが空いてつらく感じるかもしれませんが、長く続けていく内に平気になります。
むしろ朝、胃が軽いので動きやすいです。
そしてお昼も美味しく食べれます。
勿論あまり重いものは食べないようにして胃に負担をかけない事が大事ですが、丁度良い感じにおなかが減っていておいしく感じます。

あと私はですが1食分食費が浮きますし、何を食べるか考えなくて済みます。
その分お昼がなお楽しみになりワクワクできます。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする