押麦

広告
広告

押麦とは

押麦は大麦の一種で外皮を取り除き水を吸いやすく加工したものです。
加工することで水分を吸収し加熱しやすくなります。

栄養と効果

①食物繊維
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含み、その量は精白米の約16倍になります。
食物繊維は便秘解消に効果がありますが、水溶性と不溶性の摂取のバランスも重要で食物繊維を摂取しようと食べる野菜などは不溶性食物繊維が水溶性食物繊維より多く含みそのバランスが崩れます。
押麦は逆に水溶性食物繊維が不溶性食物繊維より多く含み摂取バランスを整えます。

②カルシウム
骨の元になり、現代人に不足している栄養素です。

③ビタミンB群、ビタミンE
ビタミンB群は水溶性で炭水化物をエネルギーに変換する手助けをします。
ビタミンEは抗酸化作用があります。

広告

私の場合

押麦の取り方は色々ありますが、私はお米に混ぜて炊きます。
割合は大体白米:押麦=2:1です。
押麦を混ぜると食感が変わり美味しくなります。
白米に混ぜて麦飯にすることで日常的に押麦を取れ、続けやすくなります。
今までほかにも色々な雑穀を白米に混ぜたり、白米ではなく玄米を食べたりしました。

押し麦以外の雑穀は少し高く、少しずつ白米に混ぜるといっても毎日になるとお金がかかります。
その点押し麦はほかの物と比べ安いです。
また他の雑穀に比べて白米に近く味の変化が少ないです。

玄米は下準備に時間がかかります。
性能の良い炊飯器をお使いなら問題ないのでしょうが、だいたい丸1日水に漬けてから炊かないと水分を吸収しません。
玄米自体は美味しく好きなんですが丸1日水に漬けることを考えると押し麦の方が毎日続けるのに適しています。

上で述べたように食物繊維が豊富で便秘に効果がありますので、毒だし効果があります。
また便秘解消することで冷え取り効果があります。
一番大事なのは白米に混ぜるだけなので続けやすい事です。
簡単なので負担に感じる事も少ないと思います。

それにスーパーで手に入ります。
値段も手ごろなので身近で手に入りやすく続けやすいと思います。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする