大学芋

広告
広告

大学芋

大学芋は大正から昭和にかけ東京の神田近辺で大学生が好んで食べていたため名前がついたと言われています。

私も大好きで秋くらいになると食べたくなります。
でもなかなか自分では作らないですが旬のサツマイモを安く手に入れましたし、簡単な作り方を覚えたので作ってみました。

お手軽に油で揚げない作り方で。

作り方

①サツマイモを好みの大きさに切って水にさらす。
②レンジで5分位加熱。
③フライパンに油を敷いてサツマイモを焼く。
④お好みのたれをフライパンに入れ絡める。(私は砂糖、醤油、お酢を3:3:1位)
⑤ごまが無かったのでごま塩をふる。(塩がちょっときいてて美味しかったです)

92202

ちょっと見た目が悪いですが美味しかったです。

やっぱり旬な物を食べるのは良いですね。
秋は食べたい物が多くて楽しみです。
もっと料理の腕が良ければいいのですが。

広告

自分で作る事で良い事があります。

①材料費が安く済む
さつまいも代だけで作れます、旬の今ならさつまいもも安く手に入ります。

②量が多くて食べごたえがある。
①と同じですが多く作れるのでいっぱい食べれます。

③自分に自信が付く。
何かを出来るようになるとちょっとですが自分に自信が付きます。
もともと料理上手ならそれ程でもないでしょうが、料理が上手ではないと美味しく出来ると自身になります。

④相手がいれば喜ばれます。
私にはいませんが誰かお相手がいれば喜ばれます。
恋人でもお子さんでも美味しく食べてもらえれば自分も相手も嬉しいですね。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする