シルク

広告
広告

シルクの効果

「体の毒だしには何がいいのか」色々調べました、そして色々試しました。
自分でも覚えていないくらい試しました、私には効果があったり無かったり色々です。
その中で出会ったのがシルクです。

シルクの特徴としては
①吸湿性、放湿制、保湿性、保温性などに優れる
②デトックス(毒だし)を促す効果がある
③人と同じたんぱく質で出来ている
などまだ色々あります。
広告

私の場合

私がシルクを身に着けるようになったのは毒だしのために体の循環を良くしようと「冷え取り」をしてみようと思い色々調べたら「シルクが良い」と出てきたからです。
今身に着けているのは靴下、股引、上半身のインナーです。
やはりピンキリがありますが高価の物なのであまりそろえられないのでとりあえず肌に近いところから購入しました。

シルクはデトックス効果があり毒が出た所に穴が開くと言いますが本当に穴が開きます。
靴下だけではなく股引も結構すぐに穴が開きました。
靴下は無理ですが、股引は穴の部分を繕って可能な限り履いています。
デトックス効果があるというのは吸湿制、放湿性に優れているため汗の発散を促し皮膚呼吸の活性を促します。
それによって毒を皮膚から出す事につながります。
冷え取り」にも同じことが言えます。

あと私は外仕事なんですが、意外と夏も股引が活躍します。
冷え取り目的なので夏も股引を履いていますが、この股引は結構厚手なのですが、厚手のほうが汗の吸湿がよくズボンが肌に張り付かないし、よっぽど汗をかかない限り肌がサラサラして過ごしやすいです。
勿論冬は厚手で保温性に優れているので温かいです。
私はさらにシルクの股引の上に綿のレギンスを履きその上にジーンズなどを履いています。
今までは冬に寒くなったら上半身を重ね着して体を温めていましたが下半身を重ね着した方が断然体が温まります。
また外仕事なので上半身を結構動かしますので上半身を厚着しないのでとても仕事がしやすいです。
また靴下は5本指の靴下を履いてその上に綿100%の靴下を履いていますが(シルクで吸湿された汗を綿に放湿します)、一日中歩いても足が臭わないです。

こうして下半身を中心にシルクで冷え取りをすると血行が良くなり全身の血流が良くなります。
そして血流が良くなることで「冷え取り」になり「毒だし」にも効果が出てきます。

また人と同じたんぱく質で出来ているのですごく肌に合い気持ちが良いです。
「第二の皮膚」とも言われていますのでアトピーで傷ついている時にも気持ちよく着れます。

問題点を挙げるとすればやっぱり高価なことです。
でも健康になることを考えれば安いものです。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする