友達

広告
広告

自分の心に向き合う②

自分の思いついた順番に投稿するので時系列がバラバラです。
ごめんなさい。

こんな暗い私でも過去何度か新しい人と友達になれそうな時がありました。
でもやっぱり続かない。

専門学校時代

専門学校時代にとっても性格のいい人と知り合いになれました。
私より5歳年上でとても落ち着いた性格のいい人でした。
その当時の私はアトピーが酷くて特に顔が一番ひどい状態でした。
何とか専門学校に通っている状態でした。
ある時その人と休日に遊びに行くことになったんですが、急にアトピーの調子が悪化して外に出掛けるのが苦しい状態になりました。
本当に出掛けるのを断ろうかとも考えたんですが、そのぐらいアトピーの状態が悪くても専門学校には通っていたので断り辛く出掛けることにしました。
見た目が自分でも気持ち悪く感じる状態だったんですがその人は本当に自然に接してくれて、泣きそうになうほど嬉しく感じましたし、楽しく過ごせました。

でも自分がひねくれているのか、その当時は外に出るのが本当に嫌で「友達がいなければ外に出なくて済む」と何度も考えていました。
実際それで人とは距離を取るようになりました。

アトピーがよくなっても、一時期とはいえそんな風に「友達がいなければいい」と考えた自分にはもう新しく友達を作る資格がないと思うようになりました。

広告

社会人時代

専門学校を卒業して1年間はアトピー治療に専念しました。
その後完治することはなく良くなったり悪くなったり、でもいつまでも両親に甘えるわけにいかず働くことにしました。
働くと言ってもまだ体が辛かったし働く会社に迷惑を掛けたくなかったのでパートで1日5時間位週6日働きました。

社会人時代は毎日働く事で精いっぱいで友達作りは出来ませんでした。
アトピーが辛く体を動かすのも辛いし、顔にアトピーが出ていることも辛いしでとてもじゃないですが人と会話をする余裕が無かったです。
毎日「どうしたらアトピーが治るのか?」と考えていました。
何年も経つと「どうして自分だけがくるしいのか」と変わるようになりました。
そうなると逆に人が羨ましく他人に私の気持ちはわからないと考えるようになり、話が合わないだろうと考えるようになりました。

また顔にアトピーが出ていたので一時期視線恐怖症みたいになりました。
今でも時々人の視線が怖い時があります。

こんな感じだったので休日は家に籠り外には極力出掛けませんでした。

だいぶアトピーが良くなった今でも休日は家にいる事が多いです。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする