中学校、高校時代

広告
広告

平和な時代

中学校、高校時代は平和な時期でした。
特にいじめられることもなく、友達とも楽しく過ごせました。
振り返ると人生の中で一番充実していたと思います。
アトピーも見えるところには出ていなかったし、高校生の時はアルバイトもして好きにお金も使えました。

広告

自分の性格を変えようと思った出来事

高校生の時、一緒に入学した友達とも少ない知り合いともクラスが離れてしまい困っていたら、友達が一人の人に「この子と友達になって」と声をかけてくれました。
その時はとても助かりましたし嬉しかったんですが、本当に自分が情けなく感じました。
その友達とは保育園からの付き合いで小学校・中学校とその友達の後をくっついていたので、その出来事以来高校は独り立ちをしようと決意しました。
その友達はとても面倒見がいい子でいつも自分のことよりも私の事を優先してくれるような子なので凄く依存していたと思います。
実際高校の時だってその友達自身もクラスに知り合いもいない状態だったのに、私の心配をしてくれ尚且つ面倒を見てくれました。

たぶん私は人に依存する癖がついているんだと思います。
姉にも甘えていると思います。
自分で気を付けないと人に甘えてしまいそうで怖いです。

この時から当たり前なんですが自分の事は自分で解決していこうと思いました。

今では逆に家族からはもっと家族に頼ってもいいと言われる位になりました。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする