体の毒だし

広告
広告

体の毒を出して健康に

私は小学生の頃に診断されてからほぼずっとアトピー性皮膚炎に悩まされてきました。
高校生位までは総合病院の皮膚科で治療を受け処方された薬を使ってきました。
大体20歳位に悪化、色々考えた結果ステロイドを辞め、色々試してきました。
まだ今でも良くなったり悪くなったり。
アトピーの悪化の原因には色々な考え方があると思いますし、また人によって違うと思います。
私の 考え方としては毒だしが大事だと思っています。
本来腸から排出されるものが腸が上手く機能してなくて肌から排出していると考えます。
実際私は小さい頃から便秘症で長い間悩んできました。

今している事

①半身浴
②針
③週末に半断食

①半身浴は20歳に悪化した時からずっと続けています。
温泉に行ったりサウナに行ったり岩盤浴に行ったり、でもなかなか金銭的に厳しいので家で出来る半身浴をしています。
それにお風呂が好きなので入ると凄くリラックス出来ます。

②針はここ2,3年からでずっと興味はあったんですがやっぱり針で刺されると思うと怖かったので躊躇していました。
でも何度目の悪化で試してみることにしました。
整体も試しことがあるんですが整体より直接体に施行する針の方が効果がありそうなので針に切り替えてみました。

③週末の半断食と言っても朝ご飯をヨーグルトに変えただけで、腸=肌と思うので腸改善つもりで始めました。
長年の便秘が少し改善したように思います。
本当は半断食でなくて断食をした方が良いと思うんですが、一度挑戦しましたが意志が弱く無理そうです。

広告

冷え取りも重要

毒だしをする上で冷え取りも重要です。
体の毒を出すには血行の流れを良くする事で毒だしをし易くします。
冷えは体の症状に関係しています。

例えば腸が冷えると体がむくみます。
腸にはリンパが多く腸が冷えるとリンパの流れが滞り体にむくみ易くなります。
勿論便秘もし易くなります。

体が冷えて血行の流れが悪くなると頭痛・肩こりの原因にもなります。

冷え取りをする事で毒だしにも効果があります。

広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする